高齢者住宅について

高齢者住宅の現在の状況について

自立した生活をいつまでも続けることができるように高齢者住宅の形もさまざまとなっています。
そのなかでサービス付き高齢者向け住宅があります。
ここは高齢者の人が住み慣れた地域でずっと生活していけるように、専門のスタッフによって安否確認サービスが行われています。
また日常生活の中で何か困ったことがあると、生活支援を行ってくれます。
高齢者向けの賃貸住宅となります。
今までは介護が必要になったとき、在宅か施設というどちらかでしたが、サービス付き高齢者向け住宅は両方の性質を持ち合わせています。
高齢者住宅の中でもサービス付き高齢者向け住宅は、一定のサービス条件を満たしています。
契約は賃貸借契約に限定されています。
したがって事業者の変更があった場合でも安心して住み続けることができます。
設備基準は1部屋あたりの床面積が25平方メートル以上と決められています。
生活をする中で安否確認と生活相談は必ず行われています。
地域の医療や介護や予防、住まいや生活支援サービスが連携してこれからさらに注目される事業の一つです。

Copyright© 高齢者住宅 All Rights Reserved.