高齢者住宅について

高齢者住宅の特徴や種類について

高齢になると、若い頃は問題がなかった小さな段差でつまずいたり、転倒してしまったりすることが多くなります。
そのため、室内の構造が高齢者仕様になった住宅に住むようにするのが望ましいです。
一番わかりやすいのは、バリアフリー構造ですが、単に段差がないだけでなく、室内各所に手すりやスロープを設けたりする必要があります。
また、年齢が高くなると死亡リスクが高くなりますので、従来は高齢者に部屋を貸さない大家がたくさんいました。
しかし、高齢化が進んでいる現代社会では、高齢者向け住宅に対する需要が非常に高まっています。
そのため、高齢者住まい法が制定され、高齢者住宅の安定供給が図られています。
一般的によく知られている高齢者住宅としては、特別養護老人ホームやグループホームをあげることができます。
ただし、それらの施設に入居するためには、年齢要件以外にもいくつかの条件を満たしている必要があります。
一方、近年になって誕生したサービス付き高齢者向け住宅の場合は、利用するための条件がさほど厳しくなっていません。
自立した生活が可能であるものの、将来のことを考えると安心感の高い住宅で暮らすようにしたいと希望している高齢者には、サービス付き高齢者向け住宅の利用が適しています。

Copyright© 高齢者住宅 All Rights Reserved.